2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

CD:Yuletide

  • Yuletidek
    クリスマス曲コレクション。 ハッチンス博士作、トレブル(ピッコロ)・バイオリンを中心に、メゾ・バイオリン、ソプラノ・バイオリンを弾き分けています。 2800円

日本ブログ村

  • 弦楽器ブログ
    にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ
  • 音楽活動ブログ
    にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
  • クラシックブログ
    にほんブログ村 クラシックブログへ
  • 音楽ブログ
    にほんブログ村 音楽ブログへ
  • ライブ・コンサートブログ
    にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ

研究・発表。シンポジウム等

2013年12月13日 (金)

12月21日昭和音大で開催される日本音楽芸術マネジメント学会で、ピッコロヴァイオリン研究会川島佳子がピッコロヴァイオリンの活動に関して研究発表をいたします

1221k 12月21日開催される日本音楽芸術マネジメント学会第6回冬の研究大会で、ピッコロヴァイオリン研究会代表、川島佳子が分科会において、「新しい楽器の誕生とその認知プロセスーカーリンハッチンスのピッコロヴァイオリン、アートマネジメントの現場より」を発表いたします。

研究学会の詳細情報は、こちら

2013年12月 2日 (月)

カワイ サウンド技術・音楽振興財団 助成金受賞者講演会でピッコロヴァイオリン研究会の活動について発表いたしました

M1660005

11月27日、表参道のカワイ表参道2Fコンサートサロン「パウゼ」で平成25年度、研究助成受賞者講演会が開催されました。

ピッコロヴァイオリン研究会代表川島佳子が、筑波大学研究者松原正樹氏と共に「ピッコロヴァイオリンの特性及び国内普及に関する研究」を比較文明学的アプローチで発表いたしました。

M1660002

日本でピッコロヴァイオリンを製作している、菅沼利夫さんも御弟子さんと共にご来場下さり、古館由佳子さんがピッコロヴァイオリンのデモンストレーション演奏をしてくれました。

ちょうど、ハンガリーから来日中のチェリスト、コバーチ・カーロイ氏、ピアニスト、ベログ・デジューの御二人もご出演頂き、カッチーニの「アベ・マリア」とハンガリーのレジェー・シェレシュの「暗い日曜日」を演奏してくれました。

M1660010k

初めてピッコロヴァイオリンの音色を聴いて下さったカワイサウンド技術・音楽振興財団関係者の方々からは、発表後に「素晴らしい」「感動」したとのご感想も頂きました。

関係各位の皆様、またいつもセドフ氏の演奏会にご来場下さる熱心なファンの方々、ご支援者の皆様、また、最初にセドフ氏及びハッチンスのピッコロヴァイオリンをご紹介くださった電気通信大学名誉教授、早川正士先生もご来場下さいました。皆様ありがとうございました。今後ともどうぞ宜しくご指導くださいますようお願い申し上げます。

1481373_10200357202612803_99864093_

1127k

2013年8月 6日 (火)

7月31日オリンピック青少年センターで開催されたピッコロヴァイオリンイベント②ミニ・シンポジウム17:30~

Img_7347kカーリン・ハッチンス博士の研究とピッコロ・ヴァイリンの説明

Img_7359kグレゴリー・セドフとピッコロ・ヴァイオリン研究会の活動の紹介

Img_7364k

Img_7382k
弦楽器製作者、菅沼利夫さんによるハッチンスのピッコロ・ヴァイオリンに関する紹介、更に、菅沼さんが改良した菅沼モデルの紹介

Img_7424kImg_0354ピッコロ・ヴァイオリンの音響特性、スペクトル分析

ピッコロヴァイオリンが象徴する新しい音楽、新しい楽器がもつ意味、様々な可能性について、それぞれの立場から話されました。

発表者:川島佳子(ピッコロ・ヴァイオリン研究会)、グレゴリー・セドフ(ピッコロヴァイオリン奏者)、菅沼利夫(弦楽器製作者)松原正樹(筑波大学研究員)

Img_4017kはるばる浜松からお越しくださいました元ヤマハ楽器研究所長、永井洋平さんをはじめ、平日の早い時間にも関わらず、ご参加下さいました皆様に心より感謝申し上げます。

Img_4016

Img_7433k

2013年7月21日 (日)

グレゴリー・セドフによる第一回ピッコロ・ヴァイオリン日本で最初の演奏家育成募集プログラム参加者古館由佳子さんは8月2日恵比寿アートカフェでの演奏会でピッコロ・ヴァイオリンを演奏する予定です。

20120616muzeum169kk2013年7月、日本での最初のピッコロ・ヴァイオリン演奏家育成プログラムに、ジプシーヴァイオリニストしても著名な古館由佳子さんが参加されます。

8月2日(金)恵比寿アートカフェで開催される グレゴリー・セドフとユーリー・コジェバートフが誘う「ロシアの夕べ」でピッコロ・ヴァイオリンとヴァイオリンを演奏する予定です。

更に、飛び入りゲスト演奏家の参加もあるかもしれません。

■古館由佳子(ジプシーヴァイオリン) ヴァイオリン/ピッコロ・ヴァイオリン

岩手県宮古市出身。桐朋学園大学音楽学部卒。

ハンガリー・ブダペストにて、ボロシュ・ラヨシュ、ヴァイダ・バルナバーシュにジプシーヴァイオリンを師事。2006年、ハンガリー国際ジプシーヴァイオリンコンクールにて、審査員特別賞、レメーニ・エデ協会賞、ハンガリー演奏家・舞踊家協会賞をそれぞれ授賞。ヴァイダ・ジプシー・コンサート・オーケストラの共同設立者兼ソリスト。20126月には、ハンガリー国立博物館のコンサートに招聘され、大成功をおさめた。これまでに、シャーンタ・フェレンツ、ロビー・ラカトシュ、ラースロー・ベルキ等と共演。NHK深夜便出演、 NHKクラシック番組にハンガリー語対訳提供。レインボータウンFM『上野淳の東京☆夜会』準レギュラー出演中。宮古市の実家は東日本大震災で津波により被災。現在両親はいまだに仮説住宅で暮らしている

「サラサーテ」2013.8、53号にグレゴリー・セドフ マスタークラス及び、演奏家育成プロジェクト演奏会の告知記事が掲載されました

20138

Photo_2

2013年5月24日 (金)

7月31日には、グレゴリー・セドフ指導のピッコロ・ヴァイオリン次世代デビューコンサートを予定

■7月31日、ピッコロ・ヴァイオリン次世代デビューコンサートのご案内

0731_2 昨年秋より、サンクトペテルブルグ国立音楽院で、グレゴリー・セドフよりピッコロ・ヴァイオリンのレッスンをとっているセミオン・ザッカーリヤエブが今回一緒に来日します。

7月31日には、アンフィニ オーケストラと共演致します。

また、コンサートに先立ち、

16:30~ 親子向けのピッコロ・ヴァオリン体験ワークショップ、

17:30~ ピッコロ・ヴァイオリンに関するミニ シンポジウムも開催します。

(飲料・お菓子も付きます)

コンサートは、19:00からです。このイベントは、こどもの舞台芸術を推進する諸団体により7月25日から31日に開催される事業の一環として開催されます。

お問合せ・お申し込み:kaikk@sky.plala.or.jp 090-3576-0075

また、この機会にピッコロ・ヴァイオリン デビュー希望者も合わせて募集致します。選考によりグレゴリー・セドフの指導を受けて頂き、この演奏会でアンフィニ オーケストラと共演できます。

★ピッコロ・ヴァイオリン試奏会を開催します:

5月30日、18:00~21:00

飯田橋セントラルプラザ10階東京市民ボランティアセンターC会議室

お申し込み.kaikk@sky.plala.or.jp

K

2012年10月22日 (月)

6月3日、東京大学で開催された日本音響学会音楽音響研究会(情報処理学会音楽情報科学研究会との共催)での発表「カーリン・ハッチンスのピッコロ・ヴァイオリンー新しい音楽の地平ー」が動画配信されています。

ピッコロ・ヴァイオリン研究会代表川島佳子が、日本音響学会音楽音響研究会(情報処理学会音楽情報科学研究会との共催)で「カーリン・ハッチンスのピッコロ・ヴァイオリンー新しい音楽の地平ー」と題して研究発表を致しました。ペーパーとは別に、実際に音を聴いて頂けるような資料を作り、発表させて頂きました。

Video streaming by Ustream

にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ
にほんブログ村

2012年10月 5日 (金)

ピッコロ・ヴァイオリン研究会の活動ー学会発表ー情報処理学会・音楽情報科学研究会と共催による社団法人音楽音響学会音楽音響研究会@東京大学6月3日

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村

2012年グレゴリー・セドフ ジャパンツアーに先駆けて、ピッコロ・ヴァイオリン研究会代表、川島佳子が6月2,3日、東京大学で開催された社団法人日本音響学会 音楽音響研究会(情報処理学会、音楽情報科学研究会 共催)で

「カーリン・ハッチンスのピッコロ・ヴァイオリンー新しい音楽の地平ー」と題した研究を発表いたしました。

以下は、研究会資料の1ページのみご参照までに御案内致します。著作権は、情処理学会に帰属しています。

Mm0602201220120830_0000k

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村