2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

CD:Yuletide

  • Yuletidek
    クリスマス曲コレクション。 ハッチンス博士作、トレブル(ピッコロ)・バイオリンを中心に、メゾ・バイオリン、ソプラノ・バイオリンを弾き分けています。 2800円

日本ブログ村

  • 弦楽器ブログ
    にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ
  • 音楽活動ブログ
    にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
  • クラシックブログ
    にほんブログ村 クラシックブログへ
  • 音楽ブログ
    にほんブログ村 音楽ブログへ
  • ライブ・コンサートブログ
    にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ

« 2016年1月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年3月

2016年3月31日 (木)

ピッコロヴァイオリン研究会代表、川島と演奏家グレゴリー・セドフ共作のDVDがウイーンでの国際フェスティバルコンペティションで、1位ディプロマを受賞しました

嬉しいニュースです!

Diplomvienna32016k

オーストリア、ウイーンで開催されたThe International Forum festival of Arts , Cultural Heritage of Vienna 2016 国際コンペティション のマルチメディア部門で、ピッコロ・ヴァイオリン研究会代表、川島佳子とピッコロ・ヴァイオリン奏者、グレゴリー・セドフさんの共同作品としてエントリーしたDVDが、 Laureat 1 (月桂冠 1位)のディプロマを受賞しました。

川島は、2006年に、初めて、ロシアのグレゴリー・セドフさん演奏のピッコロ・ヴァイオリンの音色を聴き、更にその楽器制作者で音響学者のカーリン・ハッチンス博士の仕事に感銘を受け、即座にピッコロ・ヴァイオリン研究会を設立しました。翌2007年より、セドフさんを毎年招へいし、ツアーを主催し、研究普及広報活動及び、世界で最初の演奏家、グレゴリー・セドフさんのマネジメント、プロデユースを行ってきました。「新しい楽器は邪道」との高く分厚い壁の前に、何とかしようと、いろいろと工夫をして、様々な活動を行ってきました。その一つにDVDプロジェクトがあります。ピアノのない場所でも演奏できるように、録音やMIDIでの伴奏に合わせ、写真や絵画を使って、曲のイメージを映像化し、それに合わせて生演奏をするというものです。これは、学校他音楽鑑賞教育プログラムの教材としても使っています。

セドフさんは、音楽家でなければ、科学者になりたかったということで、映像編集もMIDIでの音楽制作も大変センスがあり、ピッコロヴァイオリンの演奏に加え、自ら、編集構成したDVDです。
2011年の震災直後のツアーでは、これを持って、避難所でも、福島でも演奏をしました。今年、”福島を忘れない、東日本震災のために祈る、復興を応援する” をテーマに、日本の曲を集めたプロジェクトとして、企画致しました。とても、嬉しいです。
そして、5月6月、そのセドフさんが来日しますので、このDVDコンサートも企画したいと思います。

Img_3244k

Img_3246k

続きを読む "ピッコロヴァイオリン研究会代表、川島と演奏家グレゴリー・セドフ共作のDVDがウイーンでの国際フェスティバルコンペティションで、1位ディプロマを受賞しました" »

3月28日、マリア・シェスタコーバがサンクトぺテルブルグでの演奏会で、ピッコロヴァイオリンを演奏しました

サンクトペテルブルグでの演奏会で、3月28日、マリア・シェスタコーバが、ピッコロ・ヴァイオリンでバッハの協奏曲を演奏致しました。

12417762_1110996192296409_440191615

2015年11月16日のマリア・シェスタコーバによるピッコロヴァイオリンの演奏の映像

ロシア、ミハイロフスキー管弦楽団ヴァイオリニスト、マリア・シェスタコーバ Maria Shestakova が、アメリカの音響学者で弦楽器制作者、カーリン・ハッチンス博士が研究開発したピッコロヴァイオリンに挑戦し、およそ1か月半後に、演奏会で披露したピッコロヴァイオリンの演奏。

 

https://vk.com/video78053407_171408316?list=8dab6e60524485f663

>

2015年11月16日、サンクトペテルブルグでの演奏会で、マリア・シェスタコーバが、ピッコロ・ヴァイオリンを演奏しました。

2015年11月16日、サンクトペテルブルグで開催された演奏会。

 

このなかでMaria Shestakova は、バッハの管弦楽組曲(フルート組曲)をピッコロヴァイオリンで演奏しました。 日本人Toshio Suganumaさん作のピッコロヴァイオリンが、ロシア、サンクトペテルブルグでの演奏会でお披露目となりました!

 

これはSemion Zakharyaev が、コンクールで優勝し、クラスコンサートなどで演奏して以来です。 このように、2006年より、日本で、「ピッコロヴァイオリン研究会」を立ち上げ、Grigory Sedukh  と奮闘してきた活動ですが、楽器制作者、菅沼さんはじめ、皆さんのご支援と協力のお蔭で、地道に成長発展していることに感謝します。 

12208513_1029724093756953_453203163

12208502_1029724140423615_854461331

« 2016年1月 | トップページ | 2016年5月 »