2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

無料ブログはココログ

CD:Yuletide

  • Yuletidek
    クリスマス曲コレクション。 ハッチンス博士作、トレブル(ピッコロ)・バイオリンを中心に、メゾ・バイオリン、ソプラノ・バイオリンを弾き分けています。 2800円

日本ブログ村

  • 弦楽器ブログ
    にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ
  • 音楽活動ブログ
    にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
  • クラシックブログ
    にほんブログ村 クラシックブログへ
  • 音楽ブログ
    にほんブログ村 音楽ブログへ
  • ライブ・コンサートブログ
    にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月 8日 (木)

8月2日恵比寿アートカフェでの「グレゴリ・セドフとユーリー・コジェーヴァートフが誘うロシアの夕べ」の報告

Img_7555k8月2日恵比寿アートカフェで開催された「グレゴリー・セドフとユーリー・コジェバートフが誘うロシアの夕べ」では、最初にグレゴリーセドフからこれまでの活動を踏まえ、今回のピッコロヴァイオリン次世代演奏家デビュープロジェクトの説明がなされました。

Img_7578k
また、日本でハッチンス博士のピッコロヴァイオリンを製作してくれた菅沼利夫さんへの謝辞と共に菅沼さんをご紹介いたしました。

Img_7582k
最初の演目は、グレゴリー・セドフ制作編集・演奏のDVD「Glance into Etanity」を上映しました。

これらは2時間のコンサート用のプログラムが3つ分、制作されていますが、この日はその一部をご紹介いたしました。

Img_7590k

Img_7616k続いて、セドフの友人でもあり、伴奏者でもあるユーリー・コジェヴァートフのピアノソロ演奏。

Img_7653k

その後は、

Img_0376ロシアより来日したピッコロヴァイオリン次世代演奏家、セミオン・ザッハーリャエブがユーリーのピアノ伴奏でチャイコフスキー「こどものアルバム」より3曲をヴァイオリンとピッコロヴァイオリンで演奏しました。

Img_7712k休憩をはさんで2部の冒頭は、日本でのピッコロヴァイオリン演奏家育成プロジェクトに参加された古館由佳子さんのジプシーヴァイオリンの演奏を、いつも一緒に活動している安達朋博さんのピアノ伴奏で聞いて頂きました。

Img_7720kその後は、セミオンとユーリーでのロシア歌謡、更に古館さんのピッコロヴァイオリンとユーリーのピアノ伴奏によるロシア歌謡と続きました。

Img_7722k_2

2013年8月 7日 (水)

7月31日オリンピック青少年センターで開催されたピッコロヴァイオリン次世代演奏家デビューコンサート報告2

Img_7473k今年のグレゴリー・セドフのジャパンツアーは、昨年菅沼利夫さんが製作してくれたピッコロヴァイオリンを活用して次世代演奏家を育成し、彼らのデビューコンサートを開催するというものでした。

Img_7475kそして、菅沼利夫さんからセドフさんに寄贈されたピッコロヴァイオリンにより、一足早くサンクトペテルブルグ国立音楽院で始まったレッスンの参加者から、セミオン・ザッハーリャエブが来日し、このプログラムに参加しました。

Img_7482k7月31日に開催されたアンフィニ オーケストラコンサートは、ジュニアオケの演奏が冒頭で紹介され、ジュニアからオーケストラでのハーモニーを考え、音楽の創造性をハビトス化し、将来の音楽家育成とともに様々な音楽を通しての教育活動を射程にいれています。アンフィニ オーケストラ及び日本サロンコンサート協会では、今後全国でのジュニアオーケストラの立ち

 

Img_7483k上げ、育成を行い、その中でのピッコロヴァイオリン パートの創設もご提案頂きました。

Img_7486k「音楽は、楽しく、常に様々な可能性や創造性に対し、開かれている」との共通理念に基づき、今回、子どもと舞台芸術出会いのフォーラム2013の事業の一環として、この演奏会が実現致しました。

 

 

Img_7489kジュニアオケの演奏後、今回日本でのピッコロヴァイオリン演奏家育成プロジェクト1期生として参加された小平直美さんがバッハの管弦楽組曲より「ブーレ」をピッコロヴァイオリンでソリストとして演奏しました。

 

 

Img_7492k続いて、ロシアより初来日のセミオン・ザッハーリャエブがヴィヴァルディーの合奏協奏曲「調和の霊感」イ長調をピッコロ・ヴァイオリンとヴァイオリンで演奏しました。

 

 

Img_7493k両曲とも、グレゴリー・セドフは、指揮を致しました。グレゴリー・セドフにとっては、日本での指揮者デビューとなりました。

 

 

Img_7515kその後は、小林クロードさんが指導・音楽監督のアンフィニ オーケストラの演奏が続きました。

 

Img_7520kkk_2

 

 

 

 

 

 

7月31日オリンピック青少年センターで開催されたピッコロヴァイオリン次世代演奏家デビューコンサート報告1

073120131k当日配布されたプログラム

073120132k

073120133k

07212103naka1k

07312013naka2k

07312013urak

2013年8月 6日 (火)

7月31日オリンピック青少年センターで開催されたピッコロヴァイオリンイベント②ミニ・シンポジウム17:30~

Img_7347kカーリン・ハッチンス博士の研究とピッコロ・ヴァイリンの説明

Img_7359kグレゴリー・セドフとピッコロ・ヴァイオリン研究会の活動の紹介

Img_7364k

Img_7382k
弦楽器製作者、菅沼利夫さんによるハッチンスのピッコロ・ヴァイオリンに関する紹介、更に、菅沼さんが改良した菅沼モデルの紹介

Img_7424kImg_0354ピッコロ・ヴァイオリンの音響特性、スペクトル分析

ピッコロヴァイオリンが象徴する新しい音楽、新しい楽器がもつ意味、様々な可能性について、それぞれの立場から話されました。

発表者:川島佳子(ピッコロ・ヴァイオリン研究会)、グレゴリー・セドフ(ピッコロヴァイオリン奏者)、菅沼利夫(弦楽器製作者)松原正樹(筑波大学研究員)

Img_4017kはるばる浜松からお越しくださいました元ヤマハ楽器研究所長、永井洋平さんをはじめ、平日の早い時間にも関わらず、ご参加下さいました皆様に心より感謝申し上げます。

Img_4016

Img_7433k

2013年8月 5日 (月)

7月31日オリンピック青少年センターで開催されたピッコロヴァイオリンイベント①楽器体験会16:30~

Img_7247k7月31日子どもの舞台芸術出会いのフォーラムの事業として開催されたピッコロヴァイオリン次世代デビュー フィーチャリング コンサート プレイベント、親子体験会が16:30~開催されました。

 

会場の都合で、当初小ホールロビーにて開催予定でしたが、カルチャー棟3階34室での開催に変更となりました。

 

子どもたちは、いつも弾いているこども用のヴァイオリンとの音の違いに驚きながら、興味津々。

Img_7252k

Img_7260k

Img_7286k

Img_7296k

Img_7310k

Img_7315k

Img_7317k

Img_7321k

2013年8月 4日 (日)

7月27日 レインボータウンFM「上野淳の東京☆夜会」にグレゴリー・セドフ、セミオンが古館由佳子と共に出演しました。

P7276182kジプシーヴァイオリニストで、今回、日本でのピッコロヴァイオリン演奏家募集プロジェクトに参加された古館由佳子さんのご紹介で、27日、レインボータウン「上野淳の東京☆夜会」にグレゴリー・セドフ、セミオンが古館さんと共に出演しました。

P7276225k

P7276227k

P7276242k

P7276259k

Img_7204k

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »