2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

無料ブログはココログ

CD:Yuletide

  • Yuletidek
    クリスマス曲コレクション。 ハッチンス博士作、トレブル(ピッコロ)・バイオリンを中心に、メゾ・バイオリン、ソプラノ・バイオリンを弾き分けています。 2800円

日本ブログ村

  • 弦楽器ブログ
    にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ
  • 音楽活動ブログ
    にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
  • クラシックブログ
    にほんブログ村 クラシックブログへ
  • 音楽ブログ
    にほんブログ村 音楽ブログへ
  • ライブ・コンサートブログ
    にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ

« ご要望により、国際コンクール出場者を指導する特別専門優秀教師のディプロマを授与されたグレゴリー・セドフによる ソロマスタークラス、コンマス用特別マスタークラスに続き、Tutti 用マスタークラスも開講致します。 | トップページ | 8月2日恵比寿アートカフェで追加公演が決まりましたグレゴリー・セドフとユーリーコジェバートフが誘う「ロシアの夕べ」 »

2013年7月 3日 (水)

7月31日 ピッコロヴァイオリン次世代デヴューコンサート グレゴリー・セドフも指揮デヴュー

07311 7月31日(水)

ピッコロヴァイオリン次世代デビューコンサート

子どもと舞台芸術出会いのフォーラム2013

アンフィニオーケストラとロシアの新人ピッコロ・ヴァイオリン奏者、セミオンが演奏します。(指導・指揮:グレゴリー・セドフ)

ミニ・レックチャー

親子体験ワークショップ

コンサートをお楽しみいただけます。

お申し込み:kaikk@sky.plala.or.jp

090-3576-0075

チラシをダブルクリックすると大きくして内容をご確認いただけます。

07312

07313

■7月31日(水)
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター小ホール

 ★ロビーでのワークショップ
①16:30~ 親子でチャレンジ
こどものヴァイオリン    
とどこが違うの
ピッコロ・ヴァイオリン ワークショップ
世界でも、どの子もやっていないこの新しい
夢の楽器にチャレンジ!
成長に合わせてヴァイオリンを買い替えなくて良い
のは、経済的! 我が子に是非習わせたい!という方、実際の音などご体験下さい。

②17:30~ ピッコロ・ヴァイオリン
    ミニ・シンポジウム
 出演:グレゴリー・セドフ
    菅沼利夫(弦楽器製作者)
    松原正樹(筑波大学研究員)
    川島佳子(ピッコロ・ウ゛ァイオリン研究会)

■19:00~ コンサート   小ホールにて
出演:アンフィニオーケストラ 
(ディレクター・ヴァイオリニスト:クロード小林)
ゲスト:セミオン・ザッハーリャエブ 
(ヴィヴァルディー・コンチェルト)
   指揮 :グレゴリー・セドフ   
★アンフィニオーケストラ・日本サロンコンサート協会プロデュース
代々木の森ジュニア、世田谷キッズフィルハーモニーによる特別編成オーケストラがオープニングで演奏します。        
全席自由:一般:3,500 円 ( 幼稚園~小学生3,000 円)
ピッコロ・ヴァイオリン イベント ( ドリンク、お菓子付) + コンサート セット料金

会場へのアクセスは
http://nyc.niye.go.jp/facilities/d7.html

■ 京王バスが便利です。
新宿駅西口(16番)より 代々木5丁目下車
渋谷駅西口(14番)より 代々木5丁目下車

« ご要望により、国際コンクール出場者を指導する特別専門優秀教師のディプロマを授与されたグレゴリー・セドフによる ソロマスタークラス、コンマス用特別マスタークラスに続き、Tutti 用マスタークラスも開講致します。 | トップページ | 8月2日恵比寿アートカフェで追加公演が決まりましたグレゴリー・セドフとユーリーコジェバートフが誘う「ロシアの夕べ」 »

コンサート情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ご要望により、国際コンクール出場者を指導する特別専門優秀教師のディプロマを授与されたグレゴリー・セドフによる ソロマスタークラス、コンマス用特別マスタークラスに続き、Tutti 用マスタークラスも開講致します。 | トップページ | 8月2日恵比寿アートカフェで追加公演が決まりましたグレゴリー・セドフとユーリーコジェバートフが誘う「ロシアの夕べ」 »