2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

無料ブログはココログ

CD:Yuletide

  • Yuletidek
    クリスマス曲コレクション。 ハッチンス博士作、トレブル(ピッコロ)・バイオリンを中心に、メゾ・バイオリン、ソプラノ・バイオリンを弾き分けています。 2800円

日本ブログ村

  • 弦楽器ブログ
    にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ
  • 音楽活動ブログ
    にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
  • クラシックブログ
    にほんブログ村 クラシックブログへ
  • 音楽ブログ
    にほんブログ村 音楽ブログへ
  • ライブ・コンサートブログ
    にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

グレゴリー・セドフ2012年ツアー報告 6月20日WOWOW ザ・プライムショーに出演いたしました

Img_1475kWOWOW ザ・プライムショーへの出演が決まってから、紹介VTR制作の為に、まず、6月7日に開催された立教大学での「ハッチンス作ピッコロ・ヴァイオリンが拓く新たな音楽の地平― 科学と音楽の融合―」にENGを出してご取材頂きました。

Img_1478k担当のディレクターさんが大変熱心に、素材も集めて下さり、アメリカの映像製作者が作ったハッチンス博士に関するドキュメンタリーの映像も使って、短いながらも素晴らしい紹介VTRを作ってくれました。

そして、6月20日渋谷のスタジオで生放送に出演し、チャイコフスキーの子供のアルバムより、「ナポリ人の歌」を演奏しました。また、テンポよくジョン・カビラさんとのトークも短い時間の中で、大変よくまとめてご紹介頂きました。ピッコロヴァイオリン研究会代表川島も通訳として一緒に出演いたしました。

2012年7月23日 (月)

グレゴリー・セドフ2012年ツアー報告 6月19日川崎ミューザ 市民シンフォニーホール交流室での内藤晃さんとの演奏会

Kawasaki_pro

前日沖縄を直撃した台風が関東に近づき、雨になってしまいましたが、6月19日、ミューザ川崎シンフォニーホール 市民交流室にて、内藤晃さんのピアノ伴奏で、グレゴリー・セドフ、ピッコロヴィイオリンコンサートが開催されました。

Kawasaki_pro2

セドフさんの演奏会は、微妙にどの演奏会も全く同じプログラムがありません。主催者様、共演者、開催地やお客様などに合わせてご相談させて頂き、内容を決めていきます。

Img_2962k本番前に、 控室で内藤晃さんと。

Img_2963k 本番終了後に。

台風の雨足がだんだんひどくなってきたので、帰りは、なかなか大変でした。

そんな中、ご来場下さいました皆様に心より感謝申し上げます。

グレゴリー・セドフ2012年ツアー報告 6月17日沖縄名護市民会館中ホールでの演奏会と18日小学校でのワークショップ

Photo

■6月17日、沖縄県名護市民会館中ホールでグレゴリー・セドフのピッコロ・ヴァイオリン・コンサートが開催されました。

ピアノ伴奏は、ユーリー・コジェバートフ。

【プログラム】

1部

ビゼー:オペラ「カルメン」より

セビディーリャ、ホセのアリア「花の歌」、占い、ハバネラ「恋は野の鳥」、闘牛士の歌

プッチーニ:オペラ「トゥーランドット」より「誰も寝てはならぬ」

マスネ:タイースの瞑想曲

プロコフィエフ:バレエ「ロミオとジュリエット」より、モンタギュー家とキャピュレット家

2部

五木の子守唄

モーツァルト:オペラ「魔笛」より 復讐の心は地獄のようにわが胸に燃え

ルビンシテイン:メロディー

チャイコフスキー:バレエ「白鳥の湖」より入場と黒鳥のアダージョ、白鳥のアダージョ、ロシアの踊り

カールマン:オペレッタ「伯爵夫人マリツァ」より、 マリツァの歌、            「インドの踊り子」よりマリエッタとルイ・フィリップのデュエット、ラジャミのアリア、「伯爵夫人マリツァ」より はいジプシーさん、「モンマルトルのすみれ」よりニノンの歌 カランボリーナ

アンコールには、ピアソラのアディオスノニーニョ、 ガーシュインのサマータイム、そして、芭蕉布

たくさんのお客様がご家族でお越し下さいました。

Img_2799k

会館の電子掲示板                

Img_2808k

素晴らしい環境です。

リハーサル風景

Img_2813k

Img_2895k ホテルのロビーにもご案内が。

演奏会後には、美ら海水族館にご案内頂きました。

482031_10151044522437485_1337839265

Img_2826k

Img_2892k 17日夜は、スタッフ他名護市の皆様が宴席を設けて下さいました。

Img_2900kk

翌日18日は、名護市長を表敬訪問いたしました。

その後、瀬喜田小学校で、アウトリーチのワークショップを行いました。

Img_2907k

ヴァイオリンとピッコロヴァイオリンで同じ曲を演奏して、違いを聞きとって頂きました。

Img_2909k 更に、映像なしで聴いてから、その曲のイメージ映像付きで演奏したり。自由に音楽を想像して楽しむワークショップ。

Img_2916k ユーリーのピアノ伴奏で。

Img_2920k_2

質問を受けました。

「ピッコロヴァイオリンは高い音と聞きましたが、低い音も大きい音も出ることがわかりました。今日のこの日のことは、一生忘れません。」など感想も述べてくれました。

Img_2927k_2

児童からは、沖縄のお菓子と歌のプレゼントを頂きました。

ちょうど台風が来ていたので、学校での事業終了後は空港へ直行し、欠航になる前の便に乗って、無事東京に帰りました。

名護市民会館のスタッフの皆さまが一丸となって、無事に飛行機に乗せて下さいました。ありがとうございました。

2012年7月16日 (月)

グレゴリー・セドフ2012年ツアー報告 6月16日びわ湖ホール小ホールでの演奏会

にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ
にほんブログ村

Biwako_hall_program

■6月16日びわ湖ホール小ホールで、グレゴリー・セドフ ピッコロ・ヴァイオリンコンサートが開催されました。

ピアノ:原田綾子 ソプラノ:伴真由子

Biwako_pro_ura

にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ
にほんブログ村

リハーサル風景

Img_2744k_2

Img_2739k

Img_2733k

Img_2719k

Img_2732k

控室で髭を整えるセドフさん:

Img_2750k 演奏会終了後:

Img_2762k_2

Img_0024k

グレゴリー・セドフ2012年ツアー報告 6月15日四日市市立博物館プラネタリウムでの演奏会

にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ
にほんブログ村

Yokkaichi1k

6月15日、四日市市立博物館プラネタリウムで、グレゴリー・セドフ ピッコロ・ヴァイオリンの世界ー My Universe Ⅱ-が開催されました。

四日市市立プラネタリウムでの演奏会は、3度目になります。

セドフさんが自ら編集・制作したDVD映像とMIDI伴奏に合わせての生演奏でピッコロ・ヴァイオリンの癒しの音楽と天空に広がるユニバースをお楽しみ頂きました。

Yokkaichi_2

Img_2539k

Img_2471k

Img_2489k

Img_2559k

Img_2544k

Img_2562k

Img_2568k

Img_2586k

Img_2627k

Img_2672k

にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ
にほんブログ村

グレゴリー・セドフ2012年ツアー報告 6月14日東京国際大学での演奏会

にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ
にほんブログ村

Img_2458kk昨年、グレゴリー・セドフさんが特命教授となった東京国際大学での演奏会です。昨年は、地域の皆さまや卒業生を対象に演奏会をご主催頂きましたが、今年は学生を対象とした内容で、セドフさんの「音楽はユニバーサルな言葉」と題するミニレクチャーも盛り込み、前半は、DVDを使っての鑑賞教育プログラムごご紹介いたしました。

後半は、ユーリー・コジェバートフのピアノで、ダイナミックな演奏をお楽しみ頂きました。

Img_2414k
リハーサル風景:会場のオーディトリアム、昨年は、座席数を上回る約900名のお客様にご来場頂きました。

Img_2422k

Img_2420k_2前半は、DVDとMIDI伴奏を使いましたので、バランスを取るために、PAを使用いたしました。

文化部軽音楽部、タイニーラブの学生さんが、機材を貸してくれたり、いろいろとご協力下さいました。ありがとうございました。Img_2431k_3

Img_2446k_4

Img_2465k_3

演奏会終了後、総長室で、倉田信靖総長、田尻嗣夫学長と記念撮影。

Img_2465k

Img_2420k

にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ
にほんブログ村

2012年7月12日 (木)

グレゴリー・セドフ2012年ツアー報告 6月13日、NHKBS1「エル・ムンド」に出演いたしました

6月13日、午前中は、演奏会のリハーサルを行い、午後、「エル・ムンド」出演の為にNHKに向かいました。夕方からは、打ち合わせ、サウンドチェック、立ち位置などを決め、カメラリハ、その合間にもディレクターさんや通訳さんとの個別打ち合わせなど。待ち時間もありましたが、大変楽しい経験でした。スタジオでは、多くのスタッフの皆さんに大変温かく迎えて頂き、セドフさんもピアノのユーリー・コジェバートフも大変気持よく演奏できたと思います。

 

ホストのアンディーさん、マギーさん、成澤シェフ、スタッフの皆さまありがとうございました。

サウンドチェック:

Img_2266k

Img_2291k

Img_2320k

Img_2324k

Img_2328k_3

Img_2329k_8

Img_2329k_7

Img_2329k_2

Img_2329k

Img_2328k

Img_2329k_9

陽気なユーリーにつられて、クラゲの水槽の前でふざけるセドフさん。

Img_2334k

Img_2344k

控室で通訳さんを交えて、打ち合わせ。

Img_2386k

 

カメリハ。

Img_2387k

Img_2376k

Img_0020k

撮影終了後の一コマ。

Img_0019

そして、記念撮影。

グレゴリー・セドフ2012年ツアー報告 6月12日、外国特派員協会(FCCJ)での演奏会

Img_2200k_26月12日、有楽町にある外国特派員協会でのディナーコンサートが開催されました。

お料理も特別にロシア料理をご用意下さいました。

メニュー:ボルシチ、 ビーフストロガノフ、ロシア風アップルパイ、コーヒー、他1ドリンク付き

ピアノ伴奏:佐伯恵美

Img_2223k_8

にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ
にほんブログ村

グレゴリー・セドフ2012年ツアー報告 6月11日KBS京都 「ポジぽじたまご」に生出演いたしました

Img_2176k番組は生放送で、セドフさんは、チャイコフスキーのバレエ「白鳥の湖」より ロシアの踊りを生演奏いたしました。

KBS京都の受付で、撮影終了後に記念撮影。

左から:ピッコロヴァイオリン研究会川島佳子、びわ湖ホールでの演奏会プロデューサー山田敏子さん、グレゴリー・セドフ

2012年7月 1日 (日)

グレゴリー・セドフ ジャパンツアー2012は、25日ロシア大使館でのツアー報告演奏会&フェアウエル レセプションをもって終了いたしました

にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ
にほんブログ村

グレゴリー・セドフのジャパンツアー2012は、6月25日にロシア大使館で開催されましたツアー報告演奏会&フェアウエル レセプションを最後に無事終了致しました。翌日26日、セドフさんは、ロシアに帰国致しました。

 

今年も多くの皆様と出会い、様々な貴重な経験をさせて頂きました。ピッコロ・ヴァイオリンは、ハッチンス博士からグレゴリー・セドフに送られた直後の数年は、眠りたがる赤ちゃん楽器をあやしながらの演奏で、大変苦労をしておりました。2007年頃からは、時々すねることはあっても、きちんと言うことを聞く分別を楽器が身につけてくれました。

 

この新しい楽器も、青年にさしかかり、反抗期に入ってきたのか、あるいは、高張力のせいか、駒が傾いてしまうという現象が起こり、メンテナンスが必要になってきました。新しい楽器もできたから完成ではなく、使いながら、音を音楽に育て、楽器に息を吹き込み、育てていかなけばなりません。

 

グレゴリー・セドフが世界で最初のハッチンス博士のピッコロ・ヴァイオリンのソリストですから、その楽器の状態を含む全ての経験が、初めてのことになります。

 

今年のツアーでは、弦楽器製作者、菅沼利夫さんがハッチンスのピッコロ・ヴァイオリンを製作してくれたことをご紹介できました。これまで、楽器がなかったので、習いたいという人がいても教えることができませんでした。菅沼さんは、現在3丁のピッコロ・ヴァイオリンを製作致しました。

その内の1丁をグレゴリー・セドフに寄贈してくれました。ここに心より感謝申し上げます。まずは、この楽器をもって、サンクトペテルブルグでの教育をスタートする予定です。そして、次は、日本でも弦楽器製作者、音楽音響研究者、演奏家、作曲家の皆さんとの協働により、さらに、このハッチンス博士の弦楽器が多くの皆さんの知るところとなり、楽器として息づき、発展するよう願っております。

 

ご協力頂きました皆様、演奏会に足をお運び下さった皆様、全ての皆さんに心からお礼申し上げますと共に、今後とも宜しくご支援・ご指導下さいますよう宜しくお願い致します。

 

にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ
にほんブログ村

グレゴリー・セドフ2012年ツアー報告 6月10日、夕刻ロシア文化フェスティバル オープニング レセプション@帝国ホテル in 大阪で演奏させていただきました

Img_2110k6月10日(日)16:30開演のロシア文化フェスティバル 2012オープニング セレモニー&パーティーのアトラクションでグレゴリー・セドフが記念演奏をさせて頂きました。

ピアノ伴奏は原田綾子さん。

ロシア側からは、セルゲイ・ナルイシキン国家院議長、ミハイル・シュビトコイ大統領文化特別代理等のVIPをお迎えして、大阪府知事他、各界の方々の前で演奏させて頂きました。

Img_2114k

Photo

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »