2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

無料ブログはココログ

CD:Yuletide

  • Yuletidek
    クリスマス曲コレクション。 ハッチンス博士作、トレブル(ピッコロ)・バイオリンを中心に、メゾ・バイオリン、ソプラノ・バイオリンを弾き分けています。 2800円

日本ブログ村

  • 弦楽器ブログ
    にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ
  • 音楽活動ブログ
    にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
  • クラシックブログ
    にほんブログ村 クラシックブログへ
  • 音楽ブログ
    にほんブログ村 音楽ブログへ
  • ライブ・コンサートブログ
    にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ

« guregori- | トップページ | グレゴリー・セドフ ジャパンツアー2012年6月22日「日本とロシアの未来のために」@横浜美術館レクチャーホールでの演奏会のご案内 »

2012年5月 9日 (水)

グレゴリー・セドフ ジャパンツアー2012年6月7日)『ハッチンス作ピッコロ・ヴァイオリンが拓く新たな音楽の地平― 科学と音楽の融合―』公開講座@立教大学のご案内

比較的最近のヴァイオリン研究から生まれた新しい楽器,ハッチンス博士のピッコロ・ヴァイオリ。伝統的ヴァイオリンより1オクターブ高く調弦されるこの楽器は、弦楽器に新しい世界を拓いたと評される。しかし、新しいがゆえにまだ十分に知られることがない。この楽器の可能性を広く認識する機会とし,アートマネジメントの観点からこの楽器を紹介する.

講演と併せて、この楽器の演奏家として第一人者であるグレゴリー・セドフ氏の模範演奏に触れる。

日時:2012年6月7日(木)
会場:立教大学太刀川記念館3階多目的ホール
講師:グレゴリー・セドフ(Grigory Sedukh)
    川島佳子氏(ピッコロ・ヴァイオリン研究会代表、プロデューサー)
    中根みどり氏 (ヴァイオリニスト)
司会:佐々木一也(立教大学文学研究科比較文明学専攻・教授)
1部:ピッコロ・ヴァイオリンに関する発表:川島佳子
  「アートマネージメントの現場から,新しい楽器と演奏家の試みについて」
  その後,東京都交響楽団第一ヴァイオリニスト,中根みどり,立教大学佐々木一也教授とのパネルディスカッション,グレゴリー・セドフによる楽器の紹介.
2部:音楽鑑賞教育,アウトリーチの例などとして,セドフが編集製作し,ウイーン,パリ,サンクトペテルブルグの国際コンペティション マルチメディア部門で優勝したDVD (MIDI伴奏と曲のイメージ映像を合わせて製作)を使い,それに合わせてグイレゴリー・セドフが生演奏をする.
演奏予定曲:バッハ:管弦楽組曲第2番 ロ短調
        ヴィヴァルディ:合奏協奏曲集「調和の霊感」作品3-6 イ短調ヴァイオリン協奏曲
ラフ:6つの連作小品 作品85-3「カヴァティーナ」
チャイコフスキー:バレエ「白鳥の湖」より
マスネ:タイースの瞑想曲
プロコフィエフ:バレエ「ロミオとジュリエット」よりモンタギュー家とキャピュレット家
問い合わせ先:kaikk@sky.plala.or.jp
主催:立教大学文学研究科比較文明学専攻
後援:立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科

« guregori- | トップページ | グレゴリー・セドフ ジャパンツアー2012年6月22日「日本とロシアの未来のために」@横浜美術館レクチャーホールでの演奏会のご案内 »

コンサート情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« guregori- | トップページ | グレゴリー・セドフ ジャパンツアー2012年6月22日「日本とロシアの未来のために」@横浜美術館レクチャーホールでの演奏会のご案内 »