2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

無料ブログはココログ

CD:Yuletide

  • Yuletidek
    クリスマス曲コレクション。 ハッチンス博士作、トレブル(ピッコロ)・バイオリンを中心に、メゾ・バイオリン、ソプラノ・バイオリンを弾き分けています。 2800円

日本ブログ村

  • 弦楽器ブログ
    にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ
  • 音楽活動ブログ
    にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
  • クラシックブログ
    にほんブログ村 クラシックブログへ
  • 音楽ブログ
    にほんブログ村 音楽ブログへ
  • ライブ・コンサートブログ
    にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ

« グレゴリー・セドフ 2012年6月19日 ミューザ川崎シンフォニーホール市民交流室での演奏会の御案内 | トップページ | guregori- »

2012年5月 3日 (木)

グレゴリー・セドフ2012年6月7日公開講座『ハッチンス作ピッコロ・ヴァイオリンが拓く新たな音楽の地平ー科学と音楽の融合」@立教大学のご案内

08313_k00152■日時:

201267() 18202020

会場:立教大学池袋キャンパス 立川記念館3階多目的ホール

【ハッチンス作ピッコロ・ヴァイオリンが拓く新たな音楽の地平―科学と音楽の融合―】                 比較的最近のヴァイオリン研究から生まれた新しい楽器にピッコロ・ヴァイオリンがある。伝統的ヴァイオリンより1オクターブ高く調弦されるこの楽器は、弦楽器に新しい世界を拓いたと評される。しかし、新しいがゆえにまだ十分に知られることがない。この楽器の可能性を広く認識する機会を持ちたい。そこで、アートマネジメントの観点からこの楽器を紹介する講演と併せて、この楽器の演奏家として第一人者であるグレゴリー・セドフ氏の模範演奏に触れる。

Figure1k

講師:グレゴリー・セドフ

(Grigory Sedukh) (ヴァイオリニスト)

 :川島佳子(ピッコロ・ヴァイオリン研究会代表、プロデューサー)

 :中根みどり(ヴァイオリニスト)

司会:佐々木一也(立教大学文学研究科比較文明学専攻・教授)

1部;レクチャーフォーラム 2部:コンサート (セドフ氏が自ら制作し、パリ、ウイーン、サンクトペテルブルグ国際コンペティション マルチメディア部門で優勝したMIDI伴奏DVD映像に合わせて生演奏を致します。鑑賞教育教材としての活用法なども紹介致します。)

 

 

      主催:立教大学文学研究科比較文明学専攻

      後援:立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科

問い合わせ先:kaikk@sky.plala.or.jp

« グレゴリー・セドフ 2012年6月19日 ミューザ川崎シンフォニーホール市民交流室での演奏会の御案内 | トップページ | guregori- »

コンサート情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« グレゴリー・セドフ 2012年6月19日 ミューザ川崎シンフォニーホール市民交流室での演奏会の御案内 | トップページ | guregori- »