自己紹介文

ピッコロバイオリン研究会:
著名な音響物理学者でバイオリン製作者、カーリーン M.ハッチンス博士製作の古くて新しい弦楽器、ピッコロ・バイオリンと、その演奏家、グレゴリー・セドフさんの活動をより多くの方々に知っていただくために様々な側面での支援をするために発足しました。
公演活動、ワークショップ、セミナー、メディアへの露出などをバックアップしています。
皆様是非応援してください.


お問い合わせ先:
TEL:03-5500-0381
E-mail:kaikk@sky.plala.or.jp


Grigory Sedhukh
1952年ウクライナ生まれ。

バイオリニストであった父より、5歳の頃からバイオリンの手ほどきを受ける。力ルコフ音楽院(ウクライナ)およびサンク卜・ペテルブルグ国立音楽院修了。

1995年、アメリカの著名なバイオリン製作者C.M.ハッチンス女史によるピッコロ・バイオリンに出会い、以来、この楽器に魅せられ、世界で最初のピッコロ・バイオリン ソリストとして活躍する。

これまでにレニングラード・コンサート・オーケストラのコンサートマスター、マリインスキー歌劇場オーケストラ メンバー、サンクト・ペテルブルグ・フィルハーモニー弦楽四重奏団第二バイオリンを歴任。1989年よりサンクト・ペテルプルグ・フィルハーモニー交響楽団 第一バイオリン奏者、サンクト・ペテルブルグ・フィルハーモニー・チェンバー・オーケストラ第一バイオリン奏者、サンクト・ペテルブルグ・ハッチンス・オクテットのピッコロ・バイオリン ソリストであり。1998年にリリースされたヴィヴァルディーの協奏曲「ごしきひわ」は、この年のグラミー賞セミファイナルに選ばれた。このユニークな楽器のために多くの作品の編曲を行い、中でもバッハの全無伴奏チェロ組曲のトランスクリプションは、サンクトペテルブルグで出版及びCD録音されている。

また、1994年よりサンクト・ペテルブルグ国立音楽院室内楽科で教鞭をとっている。伝統的なロシア奏法だけでなく、師事していたザハール・ブロン氏から受けた影響も伝えている。セドフ氏は、ピッコロ・バイオリン奏者の第一人者として世界中のコンサート活動、マスタークラスなどを展開し、その精力的な演奏・普及活動は、世界中の後進の輩出に貢献している。

「ホールは、彼の演奏によって舞っていくようなリリシズムに満ち溢れた。…その卜リルとアルぺジオは透明で、天才的であった」(デンバーポスト、USA、1998年6月)