2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

CD:Yuletide

  • Yuletidek
    クリスマス曲コレクション。 ハッチンス博士作、トレブル(ピッコロ)・バイオリンを中心に、メゾ・バイオリン、ソプラノ・バイオリンを弾き分けています。 2800円

日本ブログ村

  • 弦楽器ブログ
    にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ
  • 音楽活動ブログ
    にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
  • クラシックブログ
    にほんブログ村 クラシックブログへ
  • 音楽ブログ
    にほんブログ村 音楽ブログへ
  • ライブ・コンサートブログ
    にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ

ピッコロヴァイオリン奏者グレゴリー・セドフ来日公演:6月14日!

6月14日、オリンピック青少年センター カルチャー棟 小ホールで、グレゴリーセドフ ステップ トワード フェスティバル ピッコロヴァイオリンコンサートを開催します。

お問合せ:090-3576-0075 kaikk@sky.plala.or.jp

以下のサイトで、チケットをご購入頂けます。

http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=39259&

#ロシア文化フェスティバル、#ピッコロヴァイオリン、#ハッチンスの弦楽器、#芸術と科学の融合、#先端技術でできた夢の楽器、#癒しの高周波音楽、#グレゴリーセドフ、#ロシアヴァイオリン、#バレエ音楽、#阪本絵利奈、#皆川知宏、#村谷侑香、#古館由佳子、#福島の為に祈る、

170425_le71___a4_omo_05olk

2017年5月25日 (木)

6月9日 芦屋市で開催されるグレゴリーセドフ ピッコロヴァイオリン 癒しのコンサートのご案内

以下のサイトからチケットをご購入頂けます:http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=39313&
2017年6月10日(土)開場:18:30 開演:19:00 
全席自由:大人:4000円 高校生以下:3000円
                      
■会場:Salon Classic 2階ホール 
兵庫県芦屋市東芦屋町3-9 ℡:0797-55―0730 URLhttp://www.tmcj.jp/ 地図裏面

■プログラム(予定)
 「福島の為に祈る」より、ねむの木の子守歌、ふるさと、さくらさくら、五木の子守歌他
 チャイコフスキー:「白鳥の湖」、「眠りの森の美女」より、プロコフィエフ:「ロミオとジュリエット」より、バッハ:フルート組曲、モーツアルト:「魔笛」より、ビゼー:「カルメン」より他

★この演奏会は、グレゴリー・セドフが演奏、伴奏・映像制作し、ウイーン、パリ、サンクトペテルブルグでの国際コンペティション、マルチメディア部門で優勝したDVD作品を上映しながら、生演奏を致します。
目から耳から音楽の世界を存分にお楽しみください。0歳児からご参加頂けます。

★お問合せ・申し込み:kaikk@sky.plala.or.jp  03-5500-0381 K&A 090-3576-0075
★チケット取り扱い:カンフェティチケットセンター 0120-240-540 
http://confetti-web.com/  Peatix : grigorysedukh2017kobe.peatix.com
主催: ピッコロ・ヴァイオリン研究会、NPOちきゅう市民クラブ、K & Associates International
協力: ロシアン カルチャー センター神戸、 ロシアン カルチャー センター 京都
後援: ロシア連邦文化省、ロシア連邦交流庁、在日ロシア連邦大使館、ロシア文化フェスティバル 組織委員会

2017

Photo

2017年5月24日 (水)

6月14日のコンサート、0歳児、盲導犬、介助犬とご一緒の方もご参加いただけます。

今年のグレゴリー・セドフの演奏会のタイトル、「ステップ トワード」は、サンクトペテルブルにある障害のあるこどもや青少年に音楽やアートを通して社会参画を促す活動をしている団体、ステップ トアードとも関係しています。数年前から、セドフさんを通じてこの団体とその活動を知っていましたが、昨年秋に、サンクトを訪れた際、団体を訪ね、代表者から説明を受けて、感銘を受けました。そして、この団体とのパートナシップを結び、今後一緒に活動をすることとなりました。そのスタートアップがこの演奏会になります。
この演奏会は、車いすの方、介助犬、盲導犬とご一緒の方、赤ちゃん、どなたさまもご参加頂けます。
お問合せ:kaikk@sky.plala.or.jp
ステップトワードの活動の紹介
https://www.youtube.com/watch?v=lO_YoLgAzoM

#0歳児、#盲導犬、#介助犬、#バリアフリー、#コンサート、#被災者応援、#ヴァイオリン、#ピッコロヴァイオリン、#バレエ、#日露交流、

0614omok


2017年6月グレゴリーセドフのJapanツアー スケジュール

6月1日来日

6月4日行田市長光寺
6月5日小学校ワークショップ
6月7日東京国際大学
6月8日豊橋市太平寺
6月10日芦屋市Salon Classic
6月11日大阪難波クローズド
6月12日プライベート パーティー
6月14日オリンピック青少年センターカルチャー棟 小ホール

2017年5月14日 (日)

4年ぶり待望のグレゴリー・セドフ ジャパンツアー

6月14日、オリンピック青少年センター カルチャー棟 小ホールで、グレゴリーセドフ ステップ トワード フェスティバル ピッコロヴァイオリンコンサートを開催します。

お問合せ:090-3576-0075 kaikk@sky.plala.or.jp

いかのサイトで、チケットをご購入頂けます

http://grigorysedukh2017.peatix.com/view

170425_le71___a4_ura_04ol

2017年3月31日 (金)

ロシア、サンクトペテルブルグで開催した「福島の為に祈る」3月30日

3月30日、サンクトペテルブルグのインテリアシアターで、グレゴリー・セドフ、「福島の為に祈る」DVDコンサート、(プロデューサー:川島佳子)を開催しました。

この事業は、在サンクトペテルブルグ日本総領事館が推進する「日本の春 in
サンクトペテルブルグ フェスティバル」の事業に選んで頂きました。
また、当日は、副総領事がお越しくださいました。

Dsc_2778kk

Img_0813k_2


Img_0750k

Img_0858k

Img_0828k

Dsc_2832k

Img_0837k

Dsc_2846k

Dsc_2885k

Dsc_2872k

Img_0872k_2

Img_0876kk

Img_0881k

Dsc_2999k

17637195_1436913976371294_114888696

17637083_1436913926371299_293631783

2016年5月 7日 (土)

2016年5月27日16:50~グレゴリー・セドフのピッコロ・ヴァイオリンコンサート@東京国際大学のご案内

Dsc_2907k

2016年5月27日、16:50~川越市にある東京国際大学第一キャンパス オーディトリアムで、特命教授 グレゴリー・セドフのピッコロヴァイオリン コンサートが開催されます。

入場無料
一般の方もご参加できます。
ご参加希望者は、こちらにお申込みください。
ピアノ:ユーリー・コジェバートフ

08313_0043k

» 続きを読む

マリア・シェスタコーヴァ ピッコロヴァイオリン演奏@サンクトペテルブルグ 4月1日2016

Maria Shestakova - Violin-Piccolo play

J.S.Bach. Violinconcerto E-dur 1 movement

マリア・シェスタコーヴァは、8月に来日いたします。

8月21日、高崎市文化会館でのジュニアオーケストラ 演奏会にゲスト出演いたします。

https://www.youtube.com/watch?v=dXIqtxOlG0A

2016年3月31日 (木)

ピッコロヴァイオリン研究会代表、川島と演奏家グレゴリー・セドフ共作のDVDがウイーンでの国際フェスティバルコンペティションで、1位ディプロマを受賞しました

嬉しいニュースです!

Diplomvienna32016k

オーストリア、ウイーンで開催されたThe International Forum festival of Arts , Cultural Heritage of Vienna 2016 国際コンペティション のマルチメディア部門で、ピッコロ・ヴァイオリン研究会代表、川島佳子とピッコロ・ヴァイオリン奏者、グレゴリー・セドフさんの共同作品としてエントリーしたDVDが、 Laureat 1 (月桂冠 1位)のディプロマを受賞しました。

川島は、2006年に、初めて、ロシアのグレゴリー・セドフさん演奏のピッコロ・ヴァイオリンの音色を聴き、更にその楽器制作者で音響学者のカーリン・ハッチンス博士の仕事に感銘を受け、即座にピッコロ・ヴァイオリン研究会を設立しました。翌2007年より、セドフさんを毎年招へいし、ツアーを主催し、研究普及広報活動及び、世界で最初の演奏家、グレゴリー・セドフさんのマネジメント、プロデユースを行ってきました。「新しい楽器は邪道」との高く分厚い壁の前に、何とかしようと、いろいろと工夫をして、様々な活動を行ってきました。その一つにDVDプロジェクトがあります。ピアノのない場所でも演奏できるように、録音やMIDIでの伴奏に合わせ、写真や絵画を使って、曲のイメージを映像化し、それに合わせて生演奏をするというものです。これは、学校他音楽鑑賞教育プログラムの教材としても使っています。

セドフさんは、音楽家でなければ、科学者になりたかったということで、映像編集もMIDIでの音楽制作も大変センスがあり、ピッコロヴァイオリンの演奏に加え、自ら、編集構成したDVDです。
2011年の震災直後のツアーでは、これを持って、避難所でも、福島でも演奏をしました。今年、”福島を忘れない、東日本震災のために祈る、復興を応援する” をテーマに、日本の曲を集めたプロジェクトとして、企画致しました。とても、嬉しいです。
そして、5月6月、そのセドフさんが来日しますので、このDVDコンサートも企画したいと思います。

Img_3244k

Img_3246k

» 続きを読む

3月28日、マリア・シェスタコーバがサンクトぺテルブルグでの演奏会で、ピッコロヴァイオリンを演奏しました

サンクトペテルブルグでの演奏会で、3月28日、マリア・シェスタコーバが、ピッコロ・ヴァイオリンでバッハの協奏曲を演奏致しました。

12417762_1110996192296409_440191615

2015年11月16日のマリア・シェスタコーバによるピッコロヴァイオリンの演奏の映像

ロシア、ミハイロフスキー管弦楽団ヴァイオリニスト、マリア・シェスタコーバ Maria Shestakova が、アメリカの音響学者で弦楽器制作者、カーリン・ハッチンス博士が研究開発したピッコロヴァイオリンに挑戦し、およそ1か月半後に、演奏会で披露したピッコロヴァイオリンの演奏。

 

https://vk.com/video78053407_171408316?list=8dab6e60524485f663

>

2015年11月16日、サンクトペテルブルグでの演奏会で、マリア・シェスタコーバが、ピッコロ・ヴァイオリンを演奏しました。

2015年11月16日、サンクトペテルブルグで開催された演奏会。

 

このなかでMaria Shestakova は、バッハの管弦楽組曲(フルート組曲)をピッコロヴァイオリンで演奏しました。 日本人Toshio Suganumaさん作のピッコロヴァイオリンが、ロシア、サンクトペテルブルグでの演奏会でお披露目となりました!

 

これはSemion Zakharyaev が、コンクールで優勝し、クラスコンサートなどで演奏して以来です。 このように、2006年より、日本で、「ピッコロヴァイオリン研究会」を立ち上げ、Grigory Sedukh  と奮闘してきた活動ですが、楽器制作者、菅沼さんはじめ、皆さんのご支援と協力のお蔭で、地道に成長発展していることに感謝します。 

12208513_1029724093756953_453203163

12208502_1029724140423615_854461331

2016年1月22日 (金)

ピッコロヴァイオリン奏者、グレゴリー・セドフの執筆した「The concept of the development of music in the third millennium.」が、『Europian Journal of Arts』2915,3に掲載されました。 

12087279_914647815289915_2405144203ピッコロ・ヴィオリン奏者のグレゴリー・セドフが、執筆した「The concept of the development of music in the third millennium.」が、『Europian Journal of Arts』2915,3に掲載されました。
これは、2012年、東京国際大学でのレクチャー&コンサートで、講演した内容を更に発展、深化させたものです。現在、ロシア語、英語、ポルトガル語になっています。

日本語訳も完成しました。
https://www.facebook.com/Grigory.Sedukh.Piccolo.Violin.Solo…

http://grigorysedukh.ucoz.ru/…/music_in_3_thousand_yea…/0-14

ロシアで、グレゴリーセドフに習う3人目のピッコロ・ヴァイオリン挑戦者、マリア・シェスタコーヴァ

2015年1月、ロシア大使館で開催した新春バレエ ガラコンサートに特別出演してくれたミハイロフスキー管弦楽団のヴァイオリニスト、マリア・シェスタコーヴMaria Shestakova さん。

12185368_1027917453937617_133260848サンクトペテルブルグ 国立音楽院では、ピッコロヴァイオリン奏者のGrigory Sedukhグレゴリー・セドフにも室内楽などを教わったそうで、ピッコロヴァイオリンのこともよくご存じでした。「やってみませんか」とお声掛けしたところ、「ぜひやりたい!」と言ってくれて、9月末にToshio Suganuma  菅沼さんから寄贈された楽器をお貸しし、みるみる上達。11月16日、サンクトで初お披露目コンサートをするまでなりました!これは、コンサート前のレッスンをセドフさんに受けているとところです。

2015年5月29日、グレゴリー・セドフの生徒で、ロシアで、2人目のピッコロヴァイオリン挑戦者、マリア・プラトノーヴァ来日。

2015年5月29日。ロシアから来日している、ピッコロヴァイオリン奏者Grigory Sedukhグレゴリ‐・セドフの元生徒(コンセルバトリー修了者、日本でおなじみのサンクトペテルブルグ合奏団 イリヤ・ロフさんの生徒でもあった)で、ピッコロヴァイオリンを今後、演奏したいというマリア・プラトノーバさんが来日しました。

 

2015年5月9日、鳩山会館で開催されたピッコロヴァイオリン「ハンガリーに出会う食と音楽の旅2015」報告

9日、鳩山会館で、NPOちきゅう市民クラブとK&Aで主催した「ハンガリーに出会う食と音楽の旅2015」の報告。

Img_3099kここで、はじめて、ピッコロヴァイオリンの音色を聞いてくださったお客様が、ほろほろ涙を流されていました。

Img_3126k_2

Img_3090k

10353534_939438049452225_8205092693

Img_3162k


Img_3156k_2

2015年5月 6日 (水)

次回は5月9日鳩山会館でピッコロヴァイオリンの音色をお聴きいただけます

Hatoyama

5月9日、鳩山会館2階大広間で、「ハンガリーに出会う食と音楽の旅」が、NPOちきゅう市民クラブとK&Associates Internationalの主催、ピッコロヴァイオリン研究会の協力により開催されます。

ハンガリーの食べられる国宝、マンガリッツア豚の美味しさをギュッと閉じ込めたウインターサラミなどお食事とお飲み物もご用意しております。

お申込み:090-3576-0075

ピッコロヴァイオリンでの早い曲、ゆっくりの曲、高音、低音など、ピッコロヴァイオリンの魅力も存分に引き出して頂きます。

4月29日行田市長光寺で開催された古館由佳子ハンガリージプシ音楽トリオ演奏会の報告

Img_2982k

Img_2977k

埼玉県行田市の長光寺の石之蔵空華にて、ピッコロヴァイオリン奏者としても活躍している、古館由佳子のハンガリージプシ音楽トリオによる演奏会が開催されました。

お天気にも恵まれ、地元の沢山のお客様がお越しくださいました。

Img_3009kハンガリーから来日した、チェリスト、コバーチ・カーロイのサンサーンス「白鳥」では、途中からピッコロヴァイオリンが主旋律を取り、低音と高音の対照による音楽の奥深い表現をお楽しみ頂きました。

参加されたお客様から、その晩、、「ピッコロ・ヴァイオリンは初めてでしたが、白鳥の1音目から美しさ・気高さに衝撃を受け涙がこぼれました。」とのご感想を頂き、嬉しく思いました。

Img_3003k次回は、5月9日、鳩山会館での演奏会で、古館由佳子さんに、ピッコロヴァイオリンを演奏していただきます。

Img_2925k_2

Img_2952k_2

Img_2952k

Img_3024k

 

2015年4月23日 (木)

4月29日行田市長光寺にてピッコロヴァイオリンの演奏を聴くことができます。古館由佳子ハンガリートリオ

4月29日(水・祝)14:00~行田市の長光寺石之蔵空華にて、古館由佳子、ハンガリージプシー音楽トリオの演奏会が開催されます。

ここで、ピッコロ・ヴァイオリンの演奏も聴いて頂けます。

行田市須加4621

参加費:3000円

主催:スターダスト・ヒューマン・ネットワーク

お問い合わせ:090-8879-6802(福島)

2015年3月20日 (金)

2013年ピッコロヴァイオリン次世代演奏家デビューコンサートの映像より、セミオン・ザッハーリャエブの演奏

2013年7月、ピッコロヴァイオリン次世代演奏家デビューコンサート@オリンピック青少年センターWith アンフィニ オーケストラでの記録映像。

当時、サンクトペテルブルグ国立音楽院在籍中のセミオン・ザッハーリャエブの演奏。グレゴリー・セドフ指揮。

この中では、ピッコロヴァイオリンとヴァイオリンを弾いています。

この約1年半後、セミオンは、「サンクトペテルブルグの春2015」に出場し、ピッコロヴァイオリンの演奏で、見事グランプリを獲得しました。

2015年3月12日 (木)

グレゴリー・セドフのサンクトペテルブルグ国立音楽大学の生徒も通常のヴァイオリン演奏で国際コンペティション2位を獲得しました

世界で最初のピッコロ・ヴァイオリン奏者で、サンクトペテルブルグ 国立音楽院及び音楽大学で教鞭をとるグレゴリー・セドフのもう一人の生徒、Eugenia Mikheeva さんも、通常のヴァイオリン演奏で、国際コンペティション 「サンクトペテルブルグの春2015」に出場し、2位を獲得しました。

8a

«指導者グレゴリー・セドフもディプロマを獲得!